HOME | 整形 | 食べ物 | 洗顔 | 悪化 | お酒 | ストレス | 日焼け |サイトマップ

にきびを治すのに必要な知識とは

ニキビ治療とお酒の関係


スキンケアやバランスの良い食事など、ニキビ治療を頑張っているのにも関わらず
なかなか効果が出ないと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

ニキビができる原因は色々とありますが、実はアルコールが深く関係しているケースがあります。
アルコールの摂り過ぎは健康を害するという事は、多く知られていますが
実は肌にも、悪影響を与えてしまうのです。

要素

アルコールを過剰に摂取すると、肝臓の機能が低下します。
肝臓は毒素を分解する臓器です。

アルコールによって肝臓の機能が落ち、体内の毒素が多くなるとニキビなど
肌トラブルを引き越す原因となります。
ニキビ治療としてはアルコールは、ほどほどにする事が大切です。
また、糖質を多く含むお酒もニキビ治療の妨げとなります。

ビールやワイン、チューハイといったお酒は糖質を多いのが特徴です。
糖質の摂り過ぎは皮脂分泌を増やしたり、毛穴を詰まらせる要因となり
ニキビができやすい肌環境となってしまいます。

自信がある

お酒を飲む時は焼酎やブランデーといった、糖質を含まないものがおすすめです。

Copyright© Nikibi tiryou All Rights Reserved.