HOME | 整形 | 食べ物 | 洗顔 | 悪化 | お酒 | ストレス | 日焼け | 飲み薬 | 針治療
ハイドロキノン | レーザー | 物理的 | 意味 | 危険性 | サイトマップ

にきびを治すのに必要な知識とは

針を使った治療

針

赤みや色素沈着、クレーターになったニキビ跡治療には針が有効です。

ローラーなどの表面に極細の針を付けて、ニキビ跡の上を圧迫し、真皮層をわざと傷つけます。

皮膚にできた穴は1時間~2時間で埋まり、肌全体を元通りにしようと機能するので
コラーゲン繊維が増加してニキビ跡の凹凸や赤みが消えます。

あらゆる肌質の人が受けられるニキビ跡治療で、少し痛みが伴いますが
針は浅い部分にしか届かないので気にならない程度です。

コストが安くで気軽に治療を受けられます。

コスト

ニキビ跡を針で治療?その仕組みや方法

ニキビ跡を針で治療する方法は、真皮層に傷をつけることから始まり、
元通り回復する人間の持つ自然治癒力の機能を利用することで
ニキビ跡を防ぐこともでき効果的とされます。

その方法としては、ダーマローラー・イントラセル・GFのパック・
DeAge(ディエイジ)の方法など、いくつかの方法が存在します。

なかでもディエイジの方法は、0.2mmほどのニードル針を
肌の真皮層に向けて打ち込み、高周波であるRFエネルギーを
直接的に照射を行っていきます。

真皮層に照射することで、その再生が活発化されていくため
肌が内側から引き締まる効果を持つことになります。

ニキビ跡に凹みが生じることがほとんどのため、こうした肌が引き締まった状態で
凹みが解消されていきます。

肌の表面は、針の差し込みを行う部分だけ傷つけるのみで
極力、肌表面を傷つけなく済むメリットが存在します。

高周波であるRFエネルギーは熱エネルギーなので、そのまま真皮層に
直接的に作用させることができるので複雑な仕組みではありません。

また、ニキビ跡だけでなく、くすみやたるみなどの改善に
効果が期待できるため、美容アップにも優れています。

治癒効果も肌の修復力や再生力を利用する方法であるため、
自然な仕上がりでその効果も長く継続するメリットもあります。

それぞれの治療の特徴を知る

安全性が高く、レーザーによるニキビ跡治療を受けた後でも施術が可能です。

自然の治癒力を利用するので、副作用がなく治療効果が長い期間持続します。
「DeAge」という治療方法は、肌に穴を開けるときに真皮層に高周波を流します。
これによって表皮は傷つかないで真皮層だけがダメージを受けます。

一方で、肌の浅い部分にしか作用しないので、根深いニキビ跡を完全に消すことは難しいです。

Copyright© Nikibi tiryou All Rights Reserved.