HOME | 整形 | 食べ物 | 洗顔 | 悪化 | お酒 | ストレス | 日焼け | 飲み薬 | 針治療
ハイドロキノン | レーザー | 物理的 | 意味 | 危険性 | サイトマップ

にきびを治すのに必要な知識とは

ニキビ治療と日焼け対策

日焼けニキビができてしまうことで、痛みもありますし、見た目的なデメリットもあります。
そこで、できてしまったら皮膚科ですぐにニキビ治療を行うことをおすすめします。

一般的にニキビ治療では、抗生物質の塗り薬や内服薬を処方されたり
レチノイン酸を使っていたりします。


このニキビ治療の方法ですと、特にレチノイン酸はターンオーバーを助けてくれたり、
コラーゲンの生成も助けてくれる有効成分が含まれているのですが、日焼けに弱いという
デメリットがあります。

ですから、日常的に紫外線対策をしておくことが大事です。
日焼け止めは、夏場だけではなく、1年を通して使うことをおすすめします。

紫外線対策

冬でも油断大敵!年間で日本に降り注ぐ紫外線の量

UVインデックスとは、紫外線の強さを数値に置き換えて
人間の身体に与える影響力の度合いを客観的に分かりやすく
示したものです。

数値が1から2までであれば、紫外線が身体に与える影響は弱く
屋外で安心して過ごすことが出来ることになり、3から5までであれば
紫外線が身体に与える影響は中ぐらいで、日中は出来るだけ日陰で過ごし
なるべく長袖の衣服を着て、帽子を被り、日焼け止めを塗る必要があります。

6から7までの数値であれば、紫外線による影響が強い状態で
数値が3から5までのときに気をつけるのと同じぐらいの
紫外線対策をする必要があります。

8から10までであれば紫外線による影響が非常に強い状態で、日中に外出するのは
極力控えて、やむを得ず外出をする場合は必ず帽子を被り、長袖の服を着用し
日焼け止めを使うことが必要です。

11以上を示している場合は、紫外線が人間に及ぼす影響は極端に強い状態で
8から10の数値を示したときと同じ方法で紫外線に対処する必要があります。

また、UVインデックスは世界共通指標となっているので
海外にいるときも情報を参考にして、その地域に応じて
紫外線に対処することが可能です。

気象庁が開設したサイトで、時間帯ごとの予測数値が確認出来るため
時間帯に応じた紫外線対策をすることが出来ます。

ケアに手を抜かないこと


最近では、コスメの中にもSPFが含まれているものもありますので
そういったアイテムも使っていくことで、対応することができます。


また、ニキビができる原因としては、毛穴の汚れなども
大きく関係してきますので、洗顔をきちんとするということは大事です。

Copyright© Nikibi tiryou All Rights Reserved.