HOME | 整形 | 食べ物 | 洗顔 | 悪化 | お酒 | ストレス | 日焼け | 飲み薬 | 針治療 |  ハイドロキノン
レーザー | 物理的 | 意味 | 危険性 | 背中ニキビ | 点滴療法 | 色素沈着 | サイトマップ

にきびを治すのに必要な知識とは

効果的にニキビ跡治療を進める方法とその種類

炎症を伴う赤ニキビや膿を抱える黄ニキビのような段階になると、ニキビが治った後にも
跡残りリスクが発生してしまいますし、これは非常に治りにくいものですから注意が必要です。
炎症が残る

肌の奥にある真皮層に傷が付く事で跡残りが起こりますが、肌が正常に動いていると28日周期で
肌の生まれ変わりが起こっており、肌の表面は新しく生まれかわって綺麗になりますが、
デコボコの跡残りは肌表面の生まれ変わりでは対処出来ないですし、色素沈着の場合は
表面の色は時間と共に消えていく傾向があります。

ニキビ跡治療において肌表面の色素沈着の場合は、洗浄や保湿ケアで効率的に治す事が
出来ますし、肌の代謝を高めていけば効果的な治療を行う事が出来ます。

デコボコのニキビ跡治療の場合は代謝を高めるだけではなく、肌の奥の真皮に働きかける事が
可能なレーザー治療が効果的であり、通常のスキンケアで肌の奥に届かないものでも
レーザーの場合は効果的に働きかけて肌を平坦に変えていく事も出来ます。

ニキビ跡治療をすると色素沈着がおきる?

ニキビ跡治療によって色素沈着がよけいに起こってしまうというのは、その治療方法が合っていないといえるでしょう。

もともと、ニキビ跡は赤く色が残ってしまいがちなので、これを改善していくのが本来のニキビ跡治療です。
お肌に赤く色素沈着が残ってしまっているということは、炎症によって、お肌の内側の血管が
言わば浮き出てしまっているような状態になっています。
合わないニキビ治療

こういったニキビ跡治療をしていくには、地道にターンオーバーを回復していくといった
方法もありますし、専門のクリニックでケアをしてもらうのもひとつの方法です。

たとえば、ビタミンC誘導体の入っている導入液でお肌の炎症をしずめつつ、
色素沈着の原因となっているメラニンの活性をしずめていきます。
そのほかにも、クリニックであればレーザーをつかったニキビ跡治療も有効です。

こちらはお肌の細胞を再活性させて、あたらしいお肌の生まれ変わりを促して赤みを改善していく方法です。


Copyright© Nikibi tiryou All Rights Reserved.