HOME | 整形 | 食べ物 | 洗顔 | 悪化 | お酒 | ストレス | 日焼け | 飲み薬 | 針治療
ハイドロキノン | レーザー | 物理的 | 意味 | 危険性 | サイトマップ

にきびを治すのに必要な知識とは

ニキビの物理的治療

皮膚科で受けられるニキビ治療には、色々な方法があります。

その中でも最もポピュラーなのが、「面皰圧出」です。
面皰圧出は物理的治療法と言われており、ニキビの治りを早めます。

毛穴の汚れ

ニキビは毛穴の中に皮脂や膿が溜まっている状態です。
治りを早くするには、まず毛穴の中に詰まっているものを出す必要があります。

自分でニキビを潰して出す方もいますが、素人では力加減が難しく
ニキビ跡になってしまいがちです。

面皰圧出によるニキビ治療では、専用の器具やレーザーを使用します。


施術はもちろん医師が行うので、ニキビ跡にもなりにくく安全です。
物理的治療法ですので、施術後すぐに効果を実感できるでしょう。


面皰圧出後は施術箇所に、雑菌が入り込みやすくなっているので
抗生剤を処方するケースが多いようです。

リーズナブル

このニキビ治療は健康保険が適用されるので、治療費は

ニキビが気になる時は、早めにニキビ治療で対処しましょう。

美容医療・アンチエイジングとして人気!ILP治療のメリット・デメリット

美容医療にも多くの種類がありますが、最近は特殊な光を利用した治療が人気となっています。
IPL治療やフォトフェイシャルも多くのクリニックで取り入れられていますが、IPLはIntense Plused Lightの略です。

レーザー治療と似たイメージもありますが、波長や照射時間であるパルス幅に違いがあります。
レーザーがホクロやシミなどピンポイントでの治療に良く利用されるのに対し、
IPL治療は顔全体など広い範囲を照射することができ、レーザーでは対応できない
薄いシミにも対応できるのもメリットです。

さらにシミ、しわ、くすみや赤ら顔など幅広く対応でき、ダウンタイムも短く
麻酔も必要ない、比較的安価であることもメリットと言えます。

デメリットとしては一回の治療では効果を実感しにくいことがあげられます。
ダウンタイムはほとんどありませんが光の強さによっては炎症や火傷が起きてしまう可能性もあります。

それゆえ、高い技術力と豊富な知識で対応してくれるクリニックを選ぶことが大事です。

Copyright© Nikibi tiryou All Rights Reserved.